横山 光昭のずっと手取り20万円台でも毎月貯金していける一家の家計の「支出の割合」

横山 光昭&づんで家計簿をつけてみる

 

私は、この本を参考に予算を決めて、づんの家計簿と併用しています。

ようやくうちの家計の予算、支出のもっともらしい数字を出すことができました。

 

今までうまくいかなかったのは、大雑把な予算で「月に〇万円で収まればそれでいい」みたいな実に大雑把なやり方でした。

 

つまり食費も、医療費も、娯楽に使うお金を一緒のお財布にしているから、ごちゃごちゃきちんと把握できなかったんですね。月末にいったん袋分けすることにしました。

 

この本で、私の収入に応じた予算の目安がわかって良かったです。

この本のコンセプトは、「収入が増えないなら、上手なやりくりでお金を貯めましょう」という一冊です。

 

しかし他の節約術の本と違うのは、約7000世帯の家計を参考にしたというところ。

このビッグデータによって、最適な支出の割合がありとあらゆる家族構成ごとに紹介されています。

著者による膨大な家計データの分析は実に圧巻。

自分にあてはまりそうなモデルケースも見つけやすいと思います。

 

ただただお金を使わない、ガマンをする、といったガチガチの節約術をオススメしている本ではありません。

きちんと支出の項目ごとに、抑えるべき節約ポイントが解説されています。

この「項目ごと」の細かさがうれしいです。

 

さすがはファイナンシャルプランナーのキャリアがなせるワザ、といったところでしょうか。

 

手取り20万円台のやりくりの苦しさもちゃんと理解してもらえているので、読みやすかったです。

 

支出の内訳が「%」で表記されていて、とても視覚的でした。

パッと見でわかる分、やる気になれます。

 

理想の支出を教えてくれているので、今後の予算も立てやすいです。

「手取りに対して光熱費は何%、食費は何%…」と、とにかく徹底的に、具体的な数字で提示してくれている点がすばらしいと思いました。

 

「これはうちにはあてはまらないわ~」という、これまでの節約本のしっくりこない感を解消してくれています。

 

わかりやすいからやってみようと思う、シンプルな仕組みです。

貯まる体質になるための「理想の支出」がしっかりと身に付きます。

 

『約7000世帯の家計診断でわかった! ずっと手取り20万円台でも毎月貯金していける一家の家計の「支出の割合」』著者:横山 光昭   (著),    斎藤ひろこ (イラスト)

208ページ

本の内容『約7000世帯の家計診断でわかった! ずっと手取り20万円台でも毎月貯金していける一家の家計の「支出の割合」』
使えるお金が限定され、下手をすると赤字に転落しやすい手取り20万円台家計。それでも、適正な予算を立ててバランスよくやりくりすれば赤字にならず、毎月貯金できる体質に変われます。そのヒントとなるのが約7000件の家計診断をした著者が実際に、手取り20万円台でもちゃんと貯金している優秀家計のデータから算出した理想的な「家計の支出の割合」。あなたがこの先ずっと手取り20万円台でも、「毎月貯金」はできますよ。
【目次】
1 給料が増えない時代!手取り20万円台で苦しい家計が急増中!(そう簡単には増えない給料、みんな不安な思いを抱えてる!/手取り20万円台家計。よくある赤字家計簿はこんなケース)/2 手取り20万円台でも毎月貯金できる 強い家計の作り方(毎月赤字・貯蓄ゼロ家計には共通の傾向がある/大切なのはバランス。理想の「家計の支出の割合」を知ろう)/3 毎月、何にいくら使っていいかが一目瞭然!家族構成別・最適な「家計の支出割合」(理想の「支出の割合」を使って、毎月貯金できる家計を作ろう!/「支出の割合」を使って頑張っている“毎月貯金家計”を見てみよう!)/4 理想の支出バランスにするために 多すぎていた支出はこうして削ろう!(無意識のうちに何となくお金を使うクセをやめよう)/5 いったん黒字になっても油断は禁物!貯金家計が崩れそうになったときの注意点と対処法(黒字家計になったら、それを継続することが大事!/収入を増やす努力もしよう!)”「BOOK」データベースより”

 

購入前の注意点

参考にはなりますし、気も引き締まりますが、家賃の割合など現実的ではない部分が多々あります。実際に住んでいる場所による違いも目立ち…、まず、理想通りにはいきません。