夢をかなえる! 私のノート術は自分には無理だった・・

感想

 

「夢をかなえる」ことと、ノートがどうやってつながっていくのか?

これを読めばなんとなく掴めるのかな?

 

自分には思いつかないノートの使い方、発想、アイデア、最早、私の知っているノートを超越しています。

写真も見やすい、大型本です。

 

ノート術については 読書関係のものはいくつか読んでいます。

その代表が『情報は一冊のノートにまとめなさい』・『読書は一冊のノートにまとめなさい』です。

 

ノートって事務的なメモだけではなかったのね!これまでとは違った目線でノートと向き合えそうです。

 

とにかくいろんな人のノートを見せてもらえるのが最大のメリットでしょう。

勉強のつもりでなくとも、眺めているだけでも十分楽しめます。

 

「ノートは勉強道具」というところから抜け出せなかったのですが、罫線にこだわらなくていいんですね。

もしかしたら、ここが、私にとっての一番のポイントかもしれません。

もっと広く大きく、ノートを使ってみたくなりました。

 

また、ノート作りをすることによって情報の整理ができるのも「夢をかなえる」ことにつながっているのかな、と思います。

 

ノートを紹介されている方のインタビューにも刺激を受けました。

まだまだノートには未知のチカラが隠されていると実感…、これからもっと生活を助けるノート術は広がっていくのではないでしょうか。

 

ただね、これを真似したからと言って、全ての人が夢が叶うわけじゃあないですよ。

 

あくまでも、夢が叶った人はこうしていた・・のです。

得るものはあるかも知れませんが、実際作ろうとすると、ものすごく手間かかります。

 

私もこの本に刺激を受けて無性にノート作りを始めたくなり、ノートを買ってきては何やら書き始めるのですが、紹介例にあるようなノートが作れません。

 

まずイラストが描けないし、字も綺麗じゃないし、構成するのも難しくね?って感じになって自己嫌悪に陥るんですよね。作る前にジ~って考えてしまうんですよ。

 

それが楽しめるようになればいいのですが・・

 

例にあるような美しいノートにしなくては!って肩に力が入ってしまうとしんどくなって続きませんね。。

 

自分らしいノート作りが完成せるには、ある程度の試行錯誤が必要です。

 

イラストが上手い人、スクラップするのが好きな人、整理整頓が得意な人、そいうことに時間をかけても惜しくはない人には向いています。

 

『夢をかなえる! 私のノート術 (e-MOOK)』

95ページ

 

本の内容

 

『夢をかなえる! 私のノート術 (e-MOOK)』
毎日のおしゃれ、料理メモ、楽しかった旅の記録に、大切な子どもたちの成長記録、自分を高めるために学んでいる勉強ノート……。それぞれの思いやアイデアがかわいくまとめられた大きなノートは、見ごたえ十分! 憧れの暮らしや夢をつづることで、夢をかなえる力がどんどんつきます。そんなノートを作って毎日輝いている素敵な女性たちのノートを大公開!! テーマ別お手本ノートや自分の目的にあったノートの探し方、書き方のレクチャーでは見やすい情報整理の仕方や、スクラップ・写真の使い方など、ノート作りに必要な情報も盛りだくさん! おすすめノートの紹介や、使えるかわいいイラストの描き方なども満載。今まで気付かなかった新しい自分を発見できて、毎日がもっと楽しく輝き出すはずです。(引用:Amazon.com)

 

『夢をかなえる! 私のノート術購入前の注意点』

 

もっとたくさんの人のノートを紹介してほしかったです。

見てる分には楽しかったけど、例も内容も、物足りなさを感じずにはいられませんでした。

わざわざ買わなくてもネットで探せば出てきそう…と思うかもしれません。