『深夜食堂 』は漫画より実写が美味しそう。。

漫画よりドラマの方が好き

 

近頃では「深夜食堂」と言えば、俳優の小林薫さんの顔が出てくるくらい、馴染みのある作品になりましたね。

 

 

人気はすごいもので、テレビドラマは長く続くシリーズになり、2015年には映画化もしています。

韓国や中国でもドラマ化しているという情報は、かなり驚きました。

漫画という枠を超え、多くの人に愛されている作品です。

 

でも私は漫画より実写の方が好きかな?小林さんが渋くてとても素敵ですもん。

 

「深夜食堂」は、その独特な世界観が一番の魅力だと思います。

画風も「絵がうまい」とか「緻密」というものではなく、絵本のように味のある感じです。

このタッチで料理モノの漫画!?と、驚いた部分もありますが、不思議と読めてしまいます。

 

キャラクター達もデフォルメされたデザインですが、飄々と描かれていて、逆に人間くさくて好印象。

それも全部含めての、魅力的な深夜食堂ワールドと言えるでしょう。

 

料理がテーマの漫画ですが、決してグルメ漫画ではありません。

実は出てくる料理は平凡なモノばかり…、赤ウインナーに猫まんま、漬物。

 

なぜなら、物語の主役は「深夜食堂」にやって来る客達の人間模様なので、料理はその脇役となっているのです。

 

 

脇役とは言え、その人の人生には欠かせない、重要な役割を果たしているのですけどね。

この、人間と料理の関係性やバランスが絶妙です。

 

料理を描くことで、人間を描いているという巧みさに感動しました。

 

マスターの朴訥とした語り口も、物語の余計な邪魔をしていなくて丁度いいと思います。

料理って、実は、どんなに平凡なメニューでも「思い出」と一緒だから美味しいのではないでしょうか?

 

自分にとっての懐かしい味を探したくなりました。

 

人間の「せつなさ」、「侘しさ」、「哀愁」がクローズアップされている印象です。

せつなさにホロリとさせられ、人情にホロリとさせられ、読んでいると心がじんわり温かくなります。

 

一話完結で、一話のページ数も少なめの短編漫画ですが、とにかく余韻がすばらしいです。

 

短いからこそ、なのかもしれません。

忙しい毎日の中で、ふと、立ち止まりたい時、ひと休みしたい時。

 

そのきっかけをくれる一冊になるのではないかと思いました。

「深夜食堂」だからと、夜中に読むのは要注意。

確実にお腹が空きます!

 

『深夜食堂 1』著者:安倍夜郎 154ページ

 

深夜食堂 1購入前の注意点

 

独特な絵のタッチは好き嫌いが分かれると思います。特に女性は苦手かもしれません。肝心の料理があまり美味しそうに見えない・・人も居るかも。

 

実写版を見てから漫画を読むとそう見えなくもない。