体幹リセットたった5分のエクササイズでダイエットできる?

モデルが秘密にしたがる体幹リセットダイエットとは?

 

最近、テレビの健康やアンチエイジングに関する番組で「体幹」という言葉をよく耳にします。

 

そもそも「体幹ってどの部分?」と思ったこと、ありませんか?

広い意味だと胴体全部、狭い意味だと横隔膜、腹横筋、多裂筋、骨盤底筋に囲まれた腹腔という部分だそう。

 

…難しいですよね。

 

要するに、人間の体を支える体の中心、体のコアと捉えればいいと思います。

この体幹を鍛えることを「体幹トレーニング」と呼ぶのはわかりますが、果たして「体幹リセット」とは…?

 

タイトルにモデルとある通り、モデルさんにあって一般女性にはない「モデル体幹筋」にスポットが当てられています。

 

運動のみだと体重は落ちなさそうなので、ダイエットというよりはスタイルアップに役立つ本と感じました。

 

このスタイルアップの効果のおかげで、すらっとしたモデルさんのように痩せて見えるという訳です。

 

もちろん、ある程度の期間は続けないと効果はナシ。

年齢や基礎代謝の個人差によっては結果が出るまで時間がかかると思うので、コツコツ続けることが重要でしょう。

 

もし頭痛などのトラブルが起きた場合、本の内容をよく読み直し、自分の体の現状を見直し、レベルダウンすることも必要かと思います。

 

正直、紹介されているエクササイズは「楽しく楽チン」ではありません。

と私は感じました。

 

私のように普段、運動を全くしてない人には、たった5分のエクササイズもキツク感じます(汗

 

何より、バランスよく引き締めることができるのがこの本の最大のメリットです。

 

「体幹リセット」とは、加齢による筋力の衰えによってズレてしまった体幹の筋肉、及びそれに関する部位を元の位置に戻すこと、でした。

 

目を閉じで、片足立ちで何秒立ち続けることができるか?で計ってみたところ

私は30秒以上は立っていられるので、そこそこ体幹は保ってるんじゃないかと思うのですが、衰えないように維持しないといけないですね!

 

体幹リセットでは、スタイルアップや体のラインを整える効果が期待できます。

何でもただトレーニングをすればいいという訳ではないのですね。

 

改善したい所、自分の体の様々な部位を意識して動くきっかけになりました。

エクササイズは5種類のみですが、物足りなさはなく、続けるにはこれくらいがちょうどいいです。

 

『モデルが秘密にしたがる体幹リセットダイエット』著者:佐久間健一

95ページ

 

本の内容

『モデルが秘密にしたがる体幹リセットダイエット』
ベストセラー45万部突破! テレビ、雑誌など各メディアでも紹介され、超話題!!
Amazonランキング総合第1位(本、5/8、6/12、6/16、6/24~26)/紀伊国屋書店 全店(和書 6月3週)第1位/三省堂書店 全店(書籍:一般書 6月3週)第1位/有隣堂書店 全店(総合6/18~7/8)第1位/ブックファースト 全店(総合6/19~7/9)第1位/文教堂グループ(単行書 6月3週)第1位/リブロ(総合 6/19~25)第1位/オリコンランキングBOOK(総合 6/19~7/2)第1位
体形に悩みを抱える数万人の女性、そしてミス・インターナショナルやモデル、芸能人の体形の悩みもスッキリ解消した驚きのダイエット法を大公開! ○1エクササイズ1分○2週間で回数を減らす○2か月でやめてもOKなのに、ムリなくやせられる秘密は「モデル体幹筋」にあり。「モデル体幹筋」とは、一流モデルは使えているけれど一般女性の多くが使えていない筋肉の総称で、使えるようになると基礎代謝がアップし、脂肪燃焼体質になります。そして全身の筋肉をバランスよく使えるようになるため、ゴツかったパーツが自然に細くなる効果も。ぽっこり下腹、パツパツ太もも、どっしりヒップ、たぷたぷ二の腕にまで効くと大評判です。それだけではありません。続けるうちに体が勝手に「モデル体幹筋」の使い方を覚えるので、1回身につければやめてもOK。さらに、やせ効果を高める食事法や、「停滞期に入った」「ドカ食いしてしまった」「急いでやせたい」といった緊急事態の対処法まで掲載しました。「続けられない」「毎日頑張れない」といったダイエット失敗要素は一切ありません。ぜひ、本書で理想の体形を手に入れてください。(引用:Amazon.com)

 

『モデルが秘密にしたがる体幹リセットダイエット購入前の注意点』

 

この手の本は文章で体の動きを解説しなければならないのですが、ちょっと説明不足が否めません。どうやって動かせばいいのかわからない所も。

 

運動不足の人には見た目よりハードなエクササイズなので、頑張り過ぎると逆に首や腰を痛める可能性も?

年齢も考慮し、十分注意が必要です。

結果もやはり個人差が大きいみたいですね。