今日から、本読みます

今日から、本読みます

読んで終わりじゃもったいない

記事一覧

筆ペンでゆる文字を練習してみた~めっちゃハマる!

筆ペンでゆる文字を練習してみた~めっちゃハマる!

 

筆ペンでゆる文字を書いてみた!

 

この本、開いた瞬間とってもときめきました。

こんな感覚ってなかなかないです。

 

この文字、ひと筆で書いているのかと思いきや、太い部分は枠を書いて、中を塗りつぶしているんです。つまり、お習字ではなくアートなんですね!

 

年賀状の季節が近づいてくると憂鬱になる人ってたくさんいるはずです。

決して上手くはない自分のクセ字、下手ウマ系のデザインにできたなら…と思いますが、その違いを「センス!」と言われてしまうと一般人は手も足も出ませんよね…。

 

しかし、この本は下手ウマ系文字の「ゆる文字」の書き方を、理論的に教えてくれているんです。

 

ちゃんと理論立ててある解説なので、誰でも参考にすることができます。

センスがなくても、筆ペンに慣れていなくても大丈夫。

 

最初は「下手な字をごまかすため」に読み始めましたが、だんだん、どんどん、ゆる文字にハマってしまいました。

 

もちろん、フォーマルな場面での使い分けは必要ですが、そういう場面でも「ゆる文字」のエッセンスが自分らしい字にしてくれそうです。

 

この本を読むと、手紙でも何でも、とにかく字を書きたくなります。

一通り読んで、早速筆ペンを買って書いてみました!

 

初めて書いたにしてはけっこういい方?ではないかと。

すごく楽しいですよ^ ^

 

著者の宇田川さんのゆる文字がステキなこと、そして「キレイに書かなければいけない」というルールに縛られずに思うように書いていい、とわかったからだと思います。

絵を描くように字を書くのがとても楽しいです。

 

ゆる文字のコツがたくさんわかりやすく紹介されていて、中でも「強弱」に関する説明が丁寧で、習得するための重要なポイントなのだと理解できました。

 

お手本のサンプルのボリュームにも大満足です。

アルファベットのお手本はあまり見ないので、助かりますね。

 

直筆への苦手意識の克服にも一役買う一冊になるかもしれません。

 

読めば誰でもゆる文字を手に入れることができる…、デザイン系の本において、その理論がきちんと確立されているのは本当に画期的でした。

 

『筆ペンで書く ゆる文字: 贈り物にあいさつ状に最適な文字の形と季節の言葉』著者:宇田川一美 144ページ

 

本の内容

 

『筆ペンで書く ゆる文字: 贈り物にあいさつ状に最適な文字の形と季節の言葉』
筆ペンで書く、くずし文字の本です。筆ペンを使った味わい文字の書き方を紹介します。文字の書き方は、わかりやすく理論的に解説(ロジックを掲載)。スミの筆ペン一本でかける味文字をメインとし、シチュエーションに応じたカラー筆ペンでかわいくカラフルに書くものなども展開します。上品さを損なわないデザインで、季節で楽しめる事例や季節の言葉も紹介。また調味料のビンなどに文字やイラストを書きおしゃれに収納、センスいいインテリアに変身する実用例も掲載します。(引用:Amazon.com)

 

『筆ペンで書く ゆる文字購入前の注意点』

 

書くのは面白いのですが、私は年賀状も今年は印刷してしまったし、今のところ手紙も書く予定もない、お店もやってないので・・日常で頻繁に使える場はあまりないかもです。

歯科医が考案 毒出しうがいとは?やり方、その効果は?

歯科医が考案 毒出しうがいとは?やり方、その効果は?

うがいだけで虫歯や歯周病が予防できるって本当?

 

『歯科医が考案 毒出しうがい』著者:照山裕子176ページ

 

歯医者さんがうがいの知られざる効能をレクチャーしてくれている本です。

たかが「うがい」と侮ることなかれ。

 

私もうがいは喉の掃除くらいにしか思っていませんでしたが、食後の口内のばい菌を洗い流すことが照山先生の「毒出しうがい」となります。

 

口内のばい菌こそ、様々な体の不調・トラブル・病気の元だというのは、最近はメディアでも度々紹介されてますよね?

 

数年に1度の割合で、虫歯と、歯周病(ハグキの腫れ・出血)の治療を受けてる私としては、かなり衝撃を受けたのです。

この本を見た時は気になって仕方なく、読んでみることにしました。

 

やり方についてはとっても簡単。

口の中で上、下、右、左と各10回程度強めにうがいするだけです。

たったこれだけ?って感じです。うがい薬より、水かぬるま湯が最適だそうです。

 

今までは、歯磨き粉を洗い流して口の中をスッキリさせる程度にしか考えていませんでしたし、あるテレビの番組では、3回以上すすぎをすると、歯磨き粉に含まれるフッ素が洗い流され、ムシ歯予防の効果がなくなるとまで言われていたので、歯磨き後のうがいは最低限にした方がいいと思っていました。

 

でもそもそも虫歯や歯周病なる原因は、食べ残しが口の中に残ってしまうのが原因なので、やはりうがいはしっかりした方がいいのでは?というところに落ち着きました。

 

うがいで病気を予防できるのであれば、これほど手軽な実践はないと思いました。

 

口内のばい菌を洗い流す他、照山先生が歯科医ということで、うがいによって徹底的にプラーク対策をすることが重要とも書かれています。

三度の食事が終わるたびに、うがいで食べカスを洗い流すと歯周病や虫歯予防に抜群の効果があるそうです。

 

「うがいをすれば歯磨きもいらない」とさえ言い切る照山先生、かなり心強く感じまが、レビューを読んでると必ずしも良い評価をされている訳でもないんですよね・・

 

いい加減なこと言うな!のような書き込みも目立ちます。

本当のところはどうなのか?は自分自身でやってみるしかないと思います。

 

私自身はそれなりの効果がありました。

それなりというのは、忘れたりするからです。

 

夜だけはきっちりやってます。

そして歯間ブラシも使うようになったこともあり、以前より出血しにくくなりました。うがいはやって悪いことはないと思いますし、これからもしっかりしていきたいです。

 

うがいのみ…に切り替えることは難しいと思うので、歯磨きと併用して自分なりのオーラルケアを見つけたいと思います。

 

そういったオーラルケアの習慣の大切さを、十分に勉強できる一冊です。

「毒出しうがい」のやり方もしっかり解説されているので、家族みんなで共有したいですね。

 

小さい子どもでも簡単にできることなので、もっと世に広まって、照山先生のうがいの提言が習慣化するといいのかもしれません。

 

 

 

本の内容

 

『歯科医が考案 毒出しうがい』1日3回、食後に「毒出しうがい」をするだけできれいな歯と健康が手に入る/あなたのうがいは間違いだらけ!

間違ったうがいをしている口内はばい菌だらけ。ばい菌だらけの口内だとこんな危険が!
◎歯周病や虫歯になる◎口臭がひどくなる◎動脈硬化の一因になる◎腎臓の機能を弱らせる◎認知症を進行させる
その予防・改善に1日3回の毒出しうがい。歯周病と口臭を防ぎ、病気まで遠ざけるすごい健康法です!(引用:Amazon.com)

 

『歯科医が考案 毒出しうがい購入前の注意点』

同じ内容の繰り返しが気になります。「うがいで十分、歯磨きも必要なし」という記述は少しオーバーではないかと…。もう少しきちんとした検証を載せてほしいところです。

主婦の友2018年1月号付録の家計簿がシンプルに!

主婦の友2018年1月号付録の家計簿がシンプルに!

うちの親族が出版社に勤めていて、毎年この時期になると、主婦向けの本を送ってくれるんです。

 

ノルマがあるのか、うちだけじゃなく親戚中に送ってるみたいなんですね。

その年によって雑誌だったり、実用書だったりするんですが、今年は『主婦の友新年特大号』でした。

 

へえ、主婦の友社って創業から101年も経つんですね。

おめでとうございます。

 

紙面では、100年分の主婦の友の変遷が見れますよ。

時代を感じますね~。

 

これからも主婦の味方として頑張っていただきたいです。

こちらとしては、1600円もする書籍をいただけるなんて有難いです。

 

特に今月号の付録が家計簿で嬉しかったです。

 

これまでの主婦の友の家計簿ってムダに分厚くて、使い勝手がいいなと感じたことはなかったのですが、今年はシンプル路線に転向したようです。

 

今までのもので使い慣れてる方は残念だったかも知れませんが、費目が自分で付けられるし、私には使いやすそうです。

 

家計簿は買うつもりだったけど、とりあえずコレを使ってみよう。

 

付録は、家計簿の他にも『やせぐせがつく糖質オフの作り置きブック』『お花のカレンダー(とじ込み)』『サンリオのキャラクターシール(とじ込み)』『現金プレゼントパズル(とじ込み)』がついております。

 

本誌の中身は、おせちのレシピ和食と洋食、7割収納テクニックやオトナの冷えとり手帖等盛り沢山で、久々ということもあり1日中見てても飽きませんでした。

 

 

カレンダーか、家計簿か。
この時期の主婦向け雑誌はついてる付録が気になりますよね?

 

来年こそはきっちり家計簿つけるぞ!と意気込みのあるあなたには

づんの家計簿もおすすめですよ^ ^

 

本は紙で読みたいか、電子版で読むか?

本は紙で読みたいか、電子版で読むか?

わたしは本は紙で読みたい派

 

出版市場の規模は今も減少傾向が続いていて、商店街の一角にあった昔ながらの本屋さんが、いつの間にか、コンビニになっていました。

町の本屋さんも目に見えて少なくなって来ましたよね。

 

大型の店舗は増えてる気がするんですが、これは集約されたということなんでしょうか。

 

本はネットでも買えるし、またkindleや別の媒体で読んだりできるようになったので

電子書籍の売り上げは拡大しているそうです。

 

私もここ1年、2年で電子書籍を度々利用するようになったのですが、種類は選んでます。コミック、雑誌、レシピ本、難しくない実用書などは電子版を買ってます。

 

読むのに時間がかからないし、割引きやポイントによる優遇が大きいからです。

小説は紙で読むことにしていますが、でも、本当は雑誌も実用書も紙で読みたいです。

 

なぜ紙がいいのか?

理由は電子版は目が疲れるが1番。

スマホじゃ画面が小さいし読みづらい。

 

私はkindleは持ってないのですが、タブレット(Fire HD 8 )を時々使います。

使い勝手はまあまあいいですね。ただ他の書店のツールが利用できないのが残念です。

 

電子本はAmazonよりジュンク堂hontを利用することが圧倒的に多いので。

スマホかパソコンで見るしかないんですよね。

 

いちいち拡大するのも面倒だし、操作にも慣れてないと手間取ることもあったりと、イラッ!となることがよくあります。

 

電子本のメリットは、どこにでも持ち歩けるので、お風呂で読みたい時、お料理する時などは便利ですね。濡れないし、嵩張らないですからね。

 

雑誌の場合、付録が貰えなかったり一部の紙面が省かれてる場合があります。

 

紙でも電子本でも一長一短ありますが、本音は本は全て紙で読みたい派です。

 

10月31日の読売新聞でも、電子書籍の利用に消極的な人は62%と、積極的に利用したい人(32%)の2倍近くあると書かれていました。

 

でも、年代によってこの数字は大きく変わるみたいですね。

10代、20代の世代は積極派が半数を上回っていて、年齢が高くなるにつれ下がっていく、まあ自然な推移です。

 

スマホに慣れてる人は、ちょっとしたスキマ時間に本が読めるので電子本の方が使いやすいんでしょうね。

 

これも、年代によって違ってくるのでしょうが、本棚に紙の本をたくさん並べるのも、なんとなく好きなんですけどね。文庫本より、字の大きい、そして装丁がきれいでしっかりした単行本が好きだなあ。

 

紙のにおいとか、ページをめくる音とか、指先に触れる感触とか良くないですか?

 

処分してはいるけどジリジリと増えていく・・

それでもやっぱり紙がいいです(笑)

 

読み終わった本は古本屋さんに売るか、地域の子供会に引き取ってもらっていますが、どの本とさよならするか・・それを選ぶのはなかなか大変なんですよね。

 

断捨離本やお片付け本を読んでる割には、ちっとも変われない私です。