■この本を読むことになったきっかけ

 

私が高校生の頃、なんとなくなんでも読みたい時期があり、表紙に惹かれて購入しました。この時、ライトノベルが読みたかったのですが、どれも巻数が多かったり、表紙があまりにも美少女アニメっぽすぎたりして、購入意欲がそそらなかったのですが、この作品はライトノベルにしては表紙が硬派で青年漫画っぽくて異色な感じがしました。

 

絵柄や作品の雰囲気から「ラノベっぽくないラノベ」なのだと思い、手に取りました。何より、たった一巻で話が完結してるというのに魅力を感じました。

 

All You Need Is Killの意味は、「殺すことが全て」「お前の任務は殺す事」のようなニュアンスですかね。

 

物語のあらすじ

 

日本、トーキョーの南方に位置するコトイウシという島は、異星人が地球に送り込んだ「ギタイ」と呼ばれる怪物が侵攻する激戦区。

 

失恋をきっかけに兵士になった初年兵のキリヤ・ケイジは、初出撃で自分以外全滅という絶望的な戦闘を経験する。

 

死に物狂いの中、『戦場の牝犬(ビッチ)』と呼ばれているリタ・ヴラタスキと出会い、援護を受けながらアンテナ付きのギタイと相討ちになり戦死してしまいます。

しかし、戦闘で死んだはずなのに目が覚めると『初出撃の前日の朝』に戻っているという不思議な現象に見舞われます。

 

出撃しても、脱走しても、拳銃自殺しても、意識が戻ると必ず同じ日に戻っている事に気付きますが、同時に記憶や経験は白紙に戻らず、すべて蓄積されている事にも気付きます。

 

ギタイは毎回行動を少しずつ変化させながらケイジを殺していきますが、ケイジもまた何回、何十回とギタイと対峙し戦死する中で様々な事を学んで腕を磨いていきます。

 

そんな中、リタ・ヴラタスキと再会した時「おまえ、いま、何周目……なんだ?」と問われます。

 

なんとリタもケイジと同じ時間のループを経験した事があったのです。

リタはどうすれば時間のループを脱出できるかをケイジに教えますが、その方法をもってしてもループからは抜け出せませんでした。

 

リタとケイジはループをしすぎて、どちらも情報を過去に送信するためのアンテナの役割を担ってしまっていたのです。

 

どちらかが死なない限り、ループからは脱出できない。ギタイに基地が襲撃され戦いが激化していく中、リタとケイジは互いの明日を賭けた一騎打ちをします。

 

勝負はケイジが勝利し、死んでいくリタに自分の思いを伝え、生き残ったケイジはリタと同じようにギタイと戦い続ける道を選んで生きていく決意をしました。

 

■感想

 

SF小説ですので、専門用語が多いかと思ったらそうでも無かった小説です。本作はSFではありますが、あくまでもライトノベルですので、人を選ぶようなコテコテのSF用語は登場しません。

 

たいしてSFに詳しくない私の感覚で言うと「スターウォーズよりも優しいSF作品」といった感じです。

スターウォーズよりも優しいSFですが、戦闘シーンが非常に多いのと主人公のケイジがループ中に何度も命を落とすので、少々グロテスクな表現が多用されています。

 

しかしそのようなシーンが多いにも関わらず嫌悪感を覚えないのが、この作品の凄いところです。文章から硝煙の匂いがするというか、泥臭さを感じられる文章がテンポ良く続き、アクション映画さながら興奮を感じながら読み進めることが出来ます。

ライトノベルの文章は、一般小説と異なる部分が多く雰囲気や心理描写を重要視しているものもあります。

 

ものによってはそれがくどくて、読むのに飽きて来る作品もありますが、本作は文章そのものの軽快さ、泥臭さ、グロテスクさが作品のシリアスさや世界観の荒み方を一層際立たせています。

物語全体がハリウッドのB級アクション映画や戦争映画のような感じです。とても下品な下ネタや口汚い罵倒や、えげつないジョークも登場します。

 

この辺りに耐えられるかどうかで、この作品が好きになれるかが決まると思います。

私が個人的に感じたことですが、クエンティン・タランティーノ監督の映画が好きな人は多分好きになれるんじゃないかと思います。

 

ちなみに、本作は実際にハリウッドで映画化されています。

 

主演はなんとトム・クルーズ。日本のライトノベルが気に入られ映画化されるというには異例の事で、日本でも大々的に取り上げられました。

 

映画版のタイトルは『Edge of Tomorrow』、邦題は『オール・ユー・ニード・イズ・キル』。

 

『Edge of Tomorrow』の意味は、今日と明日の境目?ってことでいいのでしょうか。
殺すことに失敗して、自分が殺されたら、そこで今日はリセットされ、また次の人生がスタートする。任務を終えるまでエンドレスという過酷な生活環境ですよね。

 

主演俳優を見て分かる通り、原作のキリヤ・ケイジよりだいぶ年上の主人公に設定が変更されています。

 

ヒロインのリタも原作では、赤毛のアンのような可愛らしいツンデレ系美少女でしたが、映画では凛とした大人の女軍人です。

 

良くも悪くもハリウッド的なキャラクターやストーリーに変更されているところは多々ありますが、娯楽映画としては非常に面白いです。原作と見比べてみるのも良いかもしれません。

 

本の中で気になった言葉、セリフ 1シーン

 

物語の終盤、ケイジとリタは一騎打ちをします。勝った方しかループから脱出できないため、真剣勝負です。戦いはケイジが勝利して終わりますが、血を流して弱っていくリタに

「ぼくはきみが好きだ。だから……だから、きみが死ぬまでそばにいよう」

と言います。

 

この台詞、リタとケイジが初めて出会った時と被っているのです。ケイジがループにはまってしまうきっかけになった戦闘で、リタが傷つきボロボロになったケイジに対して

「自分の名前はリタ・ヴラタスキ。お前が死ぬまで、そばにいよう」

と言っています。

 

あの頃と二人の関係は全く違うものになっていますが、戦友でもあり相思相愛の仲でもあるケイジとリタが一緒になれない切なさを感じる台詞だと思いました。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

オール・ユー・ニード・イズ・キル [ トム・クルーズ ]
価格:1000円(税込、送料無料) (2017/9/3時点)