カテゴリー:小説の記事一覧

今日から、本読みます

読んで終わりじゃもったいない

カテゴリー:小説

ぼくは明日、昨日のきみとデートする映画と小説と

ぼくは明日、昨日のきみとデートする映画と小説と

“ぼく明日”は、なぜ2度読みしたくなるのか?

 

この小説は、映画を観てから原作の本を読んでみたくなった作品です。

映画は2016年の冬公開されたので、ちょうど1年前になります。

 

本屋さんではずっと前から積んであるのは知ってました。

“よく売れてる本”という認識でした。

 

それが福士蒼汰&小松菜奈で映画化されると知り、公開されるのをずっと楽しみにしていました。

 

実際に観た感想は、時間軸の説明に違和感は残りますが、そんなところをあーだこーだと言っても仕方ないので置いておきます。

 

純愛だけに儚く、切ない物語です。

二人にとって初恋は叶わなかったけど、お互い自分のやり方で相手を見守り、一生涯愛を貫いた・・そんな一途な姿勢が胸を打ちます。

 

映画館では、高校生らしき男子がグズグズ泣いていました。

お友達と来てるようでしたが、人目もはばからず、あんなに泣けるなんて、よほどハマったんでしょうね・・

 

おばさん、泣けなくなるじゃないですか!

この映画は2度観たうえに、書籍も読んで、そしてDVDもしっかり購入しました~。

 

 

予約特典としてクリアファイルがもらえました。

今でも大事に使っています♪

 

『ぼく明日』は、ヒロインである彼女の秘密を知ったとき、きっと最初から読み返したくなる」のキャッチコピーに偽りはありません。

 

このコピー自体が物語のカラクリを秘めていて、さらに表紙のデザインにも謎かけがあるらしい…!二度・三度読み返す人、続出。

 

一度読んで「?」の感想だけではもったいないですよ。(但し、裏表紙のあらすじはかなりネタバレなようなので要注意)

しかし正直な所、ストーリーや文章のわかりやすさをポジティブにとるかネガティブにとるかによって評価が分かれる作品だと思いました。

 

「テンポよく進んで読みやすい」と感じる部分もあれば、そもそもライトノベル作家ということでその名残を感じることも。

 

SFマニアには物足りないと思うので、雰囲気やセンチメンタルな気分を楽しみたい、ライトな読者層にオススメかもしれません。

 

ややこしい設定さえクリアすれば、読んだ後に自分の日常や周りにいる人たちの大切さがわかる、温かい小説です。

 

時間軸が難しくて、一回読んだだけではなかなかわかりづらかったです。なので、読み返してみると、ポロポロと謎が解けていく感じでさらに楽しめました。やがて暴かれる愛美の秘密が何とも切ないです。

 

『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』著者:七月隆文
287ページ

 

本の内容
“京都の美大に通うぼくが一目惚れした女の子。高嶺の花に見えた彼女に意を決して声をかけ、交際にこぎつけた。気配り上手でさびしがりやな彼女には、ぼくが想像もできなかった大きな秘密が隠されていて―。「あなたの未来がわかるって言ったら、どうする?」奇跡の運命で結ばれた二人を描く、甘くせつない恋愛小説。彼女の秘密を知ったとき、きっと最初から読み返したくなる。 ”(引用:Amazon.com)

2度目は愛美の立場で・・切なさ倍増

 

ストーリーは主人公である男子大学生・高寿の視点で進んでいくのですが、ヒロイン・愛美の可愛らしさがとてもよく表現されていました。

映画の中でも小松菜奈さんの表情がとってもいいです。

 

「ちょっと妄想入っている?」という部分も無きにしも非ずでしたが、一目ぼれからの一途な恋はドキドキでした。作品の後半は甘く切ないラブストーリーです。

 

2度目の映画館では、私がもし愛美の立場だったら?という視点でみれました。

正直、高寿よりもっとつらいはずなのに、でも、愛美ちゃんよく耐えたね・・心の中で声かけちゃいました。

 

二人が迎える結末がハッピーかどうかは薄々わかってくるのですが、それでもお互いを想う気持ちが純粋で…。思わず二人の恋愛を応援したくなってきます。

 

そして愛美が可愛いだけじゃなくて、強く、自らの運命に立ち向かう姿にも心を打たれました。

 

恋人がいる人が読むと、何倍も感情移入できるんじゃないですかね?「もし自分が愛美の立場だったら」もしくは「それを受け止める高寿の立場だったら」

 

もし恋人がいなかったとしても、家族や友人といった身近な人達が思い浮かんでくると思います。

 

文章はとにかく読みやすいです。

 

作者が元々ライトノベル作家だから、文章がライトなのでしょう。ライトに書かれ過ぎていて少々わかりにくい情景もありますが、そのおかげでよりキャラクターの感情に近づいて読み進めることができました。

ぼくは明日昨日の君とデートする映画版

 

ぼく明日を読む前に注意したいこと

 

恋愛小説とライトノベルが苦手な人、それからSFに詳しい人です。
パラレルワールドの仕組みについて理解しよう、辻褄が合わないところを深く追求しようとすると、物語に感情移入できなくなるので要注意。素直に二人のピュアで切ないラブストーリーを堪能してもらいたい。

 

ぼく明日のネタバレ

 

・愛美は時間の流れが真逆の世界からやって来た。
・愛美は昨日のことを覚えていない
・高寿と出会った日は、愛美にとってはお別れの日になる
・二人が一緒に過ごせる時間は40日しかない
・真実を知った高寿は苦悩し、愛美にその辛さをブツけるが
今日あったことは明日になれば全ての記憶を失くしてしまう悲しい運命を背負った愛美の立場を思い、高寿なりの愛を貫こうとする
・尚、時間軸(ループ)の説明、理解については深く触れていないので、ツッコミ入れたくなる。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ぼくは明日、昨日のきみとデートする 豪華版 [ 福士蒼汰 ]
価格:4665円(税込、送料無料) (2017/7/29時点)

 

『ツバキ文具店』手紙書きたくなりますね

  • 投稿 2017/11/13
  • 小説
『ツバキ文具店』手紙書きたくなりますね

『ツバキ文具店』感想

 

最近よく見る鎌倉モノです。

NHKでドラマ化もされていて、鳩子役は多部未華子さんでした。

 

本より先にドラマを見ていて、静かだけど、なんかいいなあ、このドラマ・・と思ったら『食堂カタツムリ』の小川糸さんじゃないですか?!

 

ああ、私はこういう類のものが好きなんだなと気づかされました。

 

舞台が鎌倉と聞くだけで、静かで穏やかな雰囲気の作品かなとイメージできますよね。

 

この作品もロケーションの素晴らしさがあちこちに散りばめられています。

ガイドブックの詳しさというよりも、鎌倉という街のふんわり感・おっとり感がキーなのでしょう。

 

そして、話の軸となる主人公・鳩子の職業「代書屋」が何ともドラマチックです。

 

手紙を出すのが代書とは、文字だけではなく、何らかの理由で手紙を書けない人の代わりに手紙を書くこと。

 

その依頼を通して、人と人とのつながり、そして鳩子自身の成長が描かれる物語となっています。

 

手紙も、伝えることも、どちらも誰かとのつながりそのものであり、作者のメッセージをそこから受け取りました。

 

手紙繋がりでは「ナミヤ雑貨店の奇蹟」と通じるところがもあるかなと思いました。

 

読んだ後の心に残るあたたかさが、大切なことを思い出させてくれる一冊です。

ゆったりと自分のペースで読み進めてみて下さい。

 

作者の小川糸さんについては「少なく贅沢に」をモットーにされていて、ご自身のライフスタイル本も出版されていますよね。

 

とても興味があります。

 

『食堂カタツムリ』は映画で観ました。

あれは手紙ではなく、食堂(食事)を介して人と人が繋がる物語。だったかな?

柴咲コウさん演じる倫子の手料理がどれもおいしそうでした。

 

『ツバキ文具店』著者:小川糸 269ページ

 

本の内容 あらすじ

 

“言いたかった ありがとう。言えなかった ごめんなさい。
伝えられなかった大切な人ヘの想い。あなたに代わって、お届けします。
家族、親友、恋人⋯⋯。
大切に想ってっているからこそ、伝わらない、伝えられなかった想いがある。
鎌倉の山のふもとにある、
小さな古い文房具屋さん「ツバキ文具店」。
店先では、主人の鳩子が、手紙の代書を請け負います。
和食屋のお品書きから、祝儀袋の名前書き、
離婚の報告、絶縁状、借金のお断りの手紙まで。
文字に関すること、なんでも承り〼。
ベストセラー『食堂かたつむり』の著者が描く、鎌倉を舞台した心温まる物語。 ”
(引用:Amazon.com)⇒さらにレビューを見る?

 

癒されます。この作品は「手紙」を中心に話が広がっていきますが、改めて、手紙がこんなにもあたたかいものなのだと、誰もが気づかされるのではないでしょうか。

 

スマホは便利ですけど、手紙もいいもんですよ。

 

気持ちを込めた手紙は、人を包み込んでくれます。手紙に込めた想いは、人を癒してくれます。その優しさが心に響きました。

 

主人公の鳩子も「代書屋」という仕事を通して、人とふれ合い、成長していきます。代書を頼む人達も、誰かとのつながりを求めている人達です。

 

物語の展開と共に、手紙が人の輪を広げていきます。それがとても心地よかったです。鳩子が代書の仕事をするうちに心を開いていく様子も、手紙という存在があるからか自然でした。

 

鳩子は本当に真摯に代書に向き合うのですが、その取り組み方がすごいです。この本で代書というマイナーな職業を知ることができました。

 

まず鳩子は依頼された手紙に心を込めるために、文房具にこだわります。依頼ごとに文房具は変える徹底ぶり。それからその人になりきり、代書をしたためる訳です。タイトルにもあるように、このこだわりの文房具も作品のキーですね。文房具の蘊蓄も楽しめました。

 

鳩子も依頼する人々も、過去や自分と向き合います。静かなストーリーですが、その姿にジンとします。作品の温かさが伝わってきて、自分も何だか手紙を書きたくなりました。

 

 

 

物語のキモ・ネタバレ

 

・主人公・鳩子は代書屋を営む祖母に反発して鎌倉を飛び出した。その祖母の葬式をきっかけに8年ぶりに鎌倉へ戻ってくる。

・初めは乗り気ではなかったが、周りの人に懇願され、ツバキ文具店を継ぐことに。そして引き継いだ代書屋の仕事を通して、いろいろな人と出会い、次第に自分とも向き合い始める。

・ラストは鳩子から天国の祖母へ向けて書いた手紙。

 

『ナミヤ雑貨店の奇跡』主なロケ地はココです

『ナミヤ雑貨店の奇跡』主なロケ地はココです

ナミヤ雑貨店のロケ地はどこ?

 

映画を観る楽しみの一つでもあるのですが、

「どこで撮影してるんだろう?」ってロケ地がどこなのか気になりますよね。

エンドロールで確かめるようにしているのですが、流れてしまうので覚えられないんですよね。

 

ロケ地の多くは大分県にある豊後高田(ぶんごたかだ)市です。

はじめて見た地名だったので「トヨゴタカダ」と覚えてしまっていましたが、調べてみたら正しい読みは”ぶんごたかだし”ですね。

 

この街では観光の一環として、歴史や文化・伝統行事に触れることができる町として、昭和30年代の街並みを再現しています。

 

すごいなあ!あのボンネットバス(劇中で登場した赤バス)もほんものですよ~。

 

映画のロケ地になったのは今回が初めて、ということで地元の応援も盛り上がったみたいですね。なにせ主演はジャニーズの山田涼介ですから。

 

さて、そんな豊後高田市のロケ地の中で、一番気になったのがナミヤ雑貨店の本体ではないでしょうか。セットなのか本物のお店なのか?

 

豊後高田ならば残ってそうな気もしますが、でも、あれは一軒丸ごと地元の工務店の方に依頼して宮町商店街の隅っこに建築したんだそうです。

 

なんの違和感もなく、土地にマッチしまくっていて地元の人も驚いていたとか、撮影終了後は取り壊されてしまったということなのでちょっと寂しいですね。

 

商店街と言えば、もう一つ、昭和のノスタルジー感たっぷりの商店街を敦也たちが必死で走って町を出ようとしますが、もとの戻ってしまう、街灯がポンポンと順番に敦也たちを追うように点灯していきますが、それも商店街の協力してもらって出来たシーンです。

 

あれは絶対CGだろうなと思ったのに。

 

 

魚屋ミュージシャンの実家の魚屋さんは、今現在も営業中。「中野鮮魚店」さんです。

劇中の店名は「魚松」でしたね。

 

セリが育った施設旧丸光園はセットでで、火事のシーンでは実際に燃やしたそうです。迫力ありましたもんね。

 

あそこで魚屋ミュージシャンが死んでしまうなんて意外でした・・。

成長したセリが海岸でダンスするシーンがありましたが、ロケ地は真玉海岸です。

 

その他、温泉や宿泊、グルメなど他にもいろいろ楽しめそうです。

映画のパンフレットには”★ナミヤ雑貨店を桂橋の近くで再現中!2018年3月まで公開予定”とあります。これは、別な形で?ということでしょうか?

 

豊後高田市には公式観光サイトがあります。

こちら⇒昭和の町・豊後高田市公式観光サイト

 

ロケ地マップあり。一度ご覧になってはいかがでしょうか^ ^

『ナミヤ雑貨店の奇蹟』映画の後で原作を読む

『ナミヤ雑貨店の奇蹟』映画の後で原作を読む

ナミヤ雑貨店の奇蹟を読んだ感想

 

東野圭吾の『ナミヤ雑貨店の奇蹟』が映画化され大ヒットしています。

 

映画を先に見るか、原作読んでから映画を観るか、いつも悩むのですが、今回は映画を先に観ました。

 

映画では、ジャニーズの山田涼介君が、果たして東野作品でどんな演技を見せているのかが楽しみでもありましたが、それはそれは見事に演じ切っていました。アイドルからよくここまで・・とびっくりです。

 

映画の感想はこちら

映画『ナミヤ雑貨店の奇跡山田涼介の成長ぶりにときめく』の記事で。

 

映画の中では掴めなかったところを小説の方で補ってあげると、また映画を観たくなります。

 

この作品は、ミステリーというよりはファンタジー、不思議系のミステリーでした。

「いつもの東野先生の感じ」と思う人と「いつもとちょっとテイストが違う」と思う人、真っ二つに分かれるかもしれません。

 

私も「ナミヤ雑貨店」に関しては、殺人事件を扱う刑事ものとは違うようなので、どんな内容なのかが気にはなりつつも、映画化されるまでは読もうと思わなかったのです。

 

構成が面白く、章ごとに異なる人物のエピソードが描かれ、オムニバス形式の小説です。

しかし、それぞれが全く関わりのない話ではなくて、少しずつ少しずつ、物語の糸が絡み、新たな流れとなってラストへ向かっていきます。

 

この伏線の回収ぶりは、さすがに見事でしたね~。

複雑なのに難解ではなく読みやすい、これぞまさにエンタテイメント小説といった印象を受けました。

 

丸光園とのつながり

 

映画では3人の生い立ちについては説明がなかったですが、小説では深い事情が描かれています。

どの子もかわいそうで・・胸が痛くなりました。

現在でも児童虐待のニュースが絶えませんが、まさに敦也の幼少期はその状況にあり、空腹に耐えかね、万引きせざるおえなかった・・。

 

そんな過去を知ると、映画でも3人が口論になるシーンでの敦也がみせた悲しげな表情がなにを物語っていたのかが分かるのです。

 

“迷える子犬”の晴美も丸光園の出身ではありますが、大叔母夫妻に引き取られ、実の娘同然に愛情を注がれたようです。

 

もともと資産家だった大叔母夫妻の家が、なぜ経済的な窮地に陥っていたのは、映画では詳細は分かりませんでしたが、実の娘夫婦の散財が原因だったとは・・物語の中でのこととはいえ、敦也たちの家庭環境にしても、晴美が背負ってるものも、まともにリアルにあることなんですよね。

 

ナミヤ雑貨店のキーとなるのが「つながり」だと思います。

 

過去と現在のつながり、手紙を通じたつながり、そして人と人とのつながり。

ありえないことが起こり続けますが、軸はヒューマンドラマなので、ファンタジーが苦手な人も、この「つながり」に心が温かくなるはずです。

 

時を越えて人と人がつながっていく展開は、まさに美しい「奇蹟」でした。

ナミヤ雑貨店と養護施設の丸光園を巡る人々の優しさや温もりが、私たちの心にそっと語りかけてきます。

 

「私にも、誰かのためにできることがあるだろうか」

自分の中の「人を想う気持ち」に、静かに向き合わせてくれました。

 

話のメインとなるお悩み相談から登場人物たちの喜びや苦悩が浮き上がり、愛や幸せといった、人生における大切なことについて考えさせられます。

 

過去からのメッセージが主人公たちの未来へどうつながっていくのか、爽やかな余韻が味わえる作品です。

 

『ナミヤ雑貨店の奇蹟 (角川文庫)』著者:東野圭吾

413ページ

本の内容

 

『ナミヤ雑貨店の奇蹟』
東野作品史上、もっとも泣ける感動ミステリー、待望の文庫化!
悩み相談、未来を知ってる私にお任せください。少年3人が忍び込んだ廃屋。そこは過去と未来が手紙でつながる不思議な雑貨店だった。悪事を働いた3人が逃げ込んだ古い家。そこはかつて悩み相談を請け負っていた雑貨店だった。廃業しているはずの店内に、突然シャッターの郵便口から悩み相談の手紙が落ちてきた。時空を超えて過去から投函されたのか? 3人は戸惑いながらも当時の店主・浪矢雄治に代わって返事を書くが……。次第に明らかになる雑貨店の秘密と、ある児童養護施設との関係。悩める人々を救ってきた雑貨店は、最後に再び奇蹟を起こせるか!?(引用:Amazon.com)

 

『ナミヤ雑貨店の奇蹟 購入前の注意点』

 

娯楽小説なので、深く噛み締めるような味わいはあまりありません。完璧すぎるというか、ご都合主義だと言われれば そうかも知れません。

ミステリー好きな人には文章の読みやすさが逆に軽くて、物足りないかも知れません。

 

あと、タイトルがちょっとベタ過ぎました。(作家でもないのにすいません^ ^;

 

物語のあらすじ・ネタバレ

 

・過去と現在を行き来する不思議な手紙のやり取りが軸となる物語。

・盗みを働いた訳アリ少年3人が、かつてナミヤ雑貨店だった廃屋に逃げ込むところから話は始まる。

・突然、投げ込まれた一通の手紙。やがて、その手紙は過去から届いたものだと判明する。手紙の内容は、差出人からの悩みの相談。こちらからの返事は牛乳箱に入れると向こうに届くことも分かり、3人は過去との手紙のやり取りを始めた。

・物語が進んでいく中、段々と見えてくるのはナミヤ雑貨店と養護施設「丸光園」の関係。丸光園は3人が育った場所だが、それぞれの手紙の差出人たちとも深く関わっている。

・ナミヤ雑貨店の主人で、悩み相談を請け負っていたのは浪矢雄治。

・病気になった雄治は息子の貴之に「ナミヤ雑貨店で一晩過ごさせてほしい」と頼み、自分の33回忌に一晩だけ雑貨店を復活させてほしいという手紙を渡す。

・この雄治の願いが、物語のカギとなり、ナミヤ雑貨店において過去と現在がつながる奇蹟を生み出す。少年3人が廃屋へ逃げ込んだ日が、復活の夜だった。

・結果、雄治の元には悩み相談をしてきた人物からの未来の手紙が届き、自分のアドバイスが役に立っていたのだと雄治は安堵した。

・手紙のやり取りを通じて、少年たち3人は自分たちが盗みに入った女性が相談してきた差出人の一人だと気付き、彼女と丸光園との関係も明かされていく。そして、自首することを決意する。