カテゴリー:小説の記事一覧

今日から、本読みます

読んで終わりじゃもったいない

カテゴリー:小説

マスカレード・ホテルが木村拓哉主演で映画化されるって?

マスカレード・ホテルが木村拓哉主演で映画化されるって?

マスカレード・ホテル映画化に向けてひとこと

 

東野ミステリーがまたもや映画化です。

まだまだ東野作品の勢いは弱まりませんね~。

主演は木村拓哉さん。

主人公・新田浩介は「若きエリート刑事」ということで、年齢設定が本の中では30代半ばとなっております。

 

なので、この「若き」の部分がちょっと引っかかります。

 

私は、この作品を読んだとき、もしマスカレード・ホテルがが映画化されたら、新田役は松坂桃李、あるいは小栗旬がいいかな?と勝手にイメージしていたので、キムタクがやると聞いて「ええー?それちょっとイメージちゃうやん?」と叫んでしまったです。

 

他のキャストがまだ発表になっていませんが、

木村拓哉がやると聞いて、稲垣一課長は松重豊さん(遠藤憲一さんでもいい)、能勢役は小日向さん、片桐瑶子は松たかこさんでやったら笑えるなと。

 

総支配人の藤木役は竹野内豊と堺雅人さんが浮かんだんですけど、佐藤浩市さんが警察か、ホテル側の上司役で出て来そうな気がする。

正直、もう見たくないな >佐藤浩市

 

上記は、あくまで私の思い描いたキャストです。早く決まるといいですね。

 

キムタクが刑事とホテルマンの2つの顔をどう見せてくれるのか、楽しみでもあります。

 

山岸直美役は長澤まさみさんです。まあまあ文句はないですが、

まず、この作品の世界にどっぷりと入り込んで満喫するには、とりあえずリアリティ云々をすっ飛ばして読み始めた方がいいです。

 

そもそもエリート刑事がホテルに潜入…という設定がまるっとフィクションですし、そこが問題ではありませんので。

 

しかし「なぜホテルのみが舞台?」という部分は最大限に生かされていると思います。

犯人も、犯人のターゲットもわからない…事件が起こる場所だけが判明しているという特殊な状況でのストーリー、コンパクトにまとまらず、結構ハラハラ・ドキドキできました。

 

さらに、ホテルのお客たちが、実に人間臭くてチャーミングなんです。

「誰がどう事件に関わっているのか…」読者側も気が抜けません。

ホテルならではの、人の流れ。

 

このキャラたちを軸とする人間関係が事件に絡んでいく様も実に緻密で、毎度のことながら東野先生に唸らされました。

伏線の回収っぷりも見事ですよ~。

ページ数はかなりありますが、サクサクと一気に読み進められます。

 

あとは、東野作品ファンにとっては「新コンビ誕生」がうれしいところでしょう。

若さで突っ走るエリート刑事・新田と、自分の仕事に誇りを持つホテルのプロ・フロントクロークの山岸。

少しずつ二人の信頼関係が築かれている様子も良かったです。

プラス、新田の成長や変わっていく姿も丁寧に描かれていて、好感が持てました。

 

新田の刑事とホテルマンという2つの顔、そして内容的にもミステリーとホテルものという2つの顔がある、読み応え満点な小説です。

 

展開がどちらかに偏ることもなく、バランスの良さに感服させられます。

ただし、ホテル業務に関してはかなり専門的。

 

よくぞここまで調べ切ったな、と東野先生の恐るべき取材力を見せつけられた感じです。

 

タイトルのマスカレード・ホテルの意味は?

 

舞台となるホテルの名前は「コルテシア東京」なのに、タイトルは「マスカレード・ホテル」…?

全編を通して、間違いなくキーになるのはこの「マスカレード=仮面舞踏会」の「仮面」。

自身でも推理を重ねながらページをめくっていくと、どんどんと作品の深みにハマッていくでしょう。

 

2.『マスカレード・ホテル』著者:東野圭吾

520ページ

3.本の内容

 

『マスカレード・ホテル』
都内で起きた不可解な連続殺人事件。容疑者もターゲットも不明。残された暗号から判明したのは、次の犯行場所が一流ホテル・コルテシア東京ということのみ。若き刑事・新田浩介は、ホテルマンに化けて潜入捜査に就くことを命じられる。彼を教育するのは、女性フロントクラークの山岸尚美。次から次へと怪しげな客たちが訪れる中、二人は真相に辿り着けるのか!? 大人気シリーズ第1弾のミリオンセラー。/登場人物紹介/山岸尚美ホテル・コルテシアのフロントクローク。人の役に立ちたいと思い、昔からホテルで働くことを夢見ていた。徹底したプロ意識を持っており、努力を惜しまない。並外れた観察力と記憶力でお客様をもてなし、お客様の“仮面”を守ることを信念としている。/新田浩介警視庁捜査一課所属の若きエリート刑事。国際弁護士の息子で、十代の前半の二年あまりをロサンゼルスで過ごす。知能犯との対決を夢見てこの世界に入った。生意気なところがあり、先輩刑事と衝突することも。大胆な発想力と行動力で事件解決に貢献する。(引用:Amazon.com)

 

4.『マスカレード・ホテル購入前の注意点』

 

「設定は安直、トリックは無理やり」という印象です。スリル満点のミステリーというよりは、ドタバタ群像劇?ホテルのお客のアレコレという感じは、ちょっと期待外れでした。それほど珍しくもないホテルものだったせいで新鮮味に欠けていたのも残念。読みやすさ重視なのか、持ち味の重厚さもあまりなかったような…。このライトさ、最近の東野作品の傾向なのでしょうか?

 

以下↓ネタバレがありますので原作を読んでない方は注意してください

 

5.物語のキモ・ネタバレ

※結末を知りたくない人は読まないで※

 

・都内で3件続いている連続殺人事件。次の犯行現場は高級ホテル「コルテシア東京」とわかった。

・ホテルマンに扮して「コルテシア東京」へ潜入捜査に入る、若手エリート刑事・新田。その指導と補助の役割を任されたのはフロントクローク・山岸。

・初めは捜査のことばかり考えてホテルマンとしての仕事をしっかりしなかった新田だが、山岸の熱心な新人教育や仕事への情熱に心を打たれ、次第に変わっていく。

・そんな中、ホテルには面倒な客が次々と訪れる。客たちと接しながら、ホテルの関係者にも目を光らせつつ推理していく新田。

・所轄の品川警察署の刑事・能勢も新田のサポートにつく。

・やがて過去の3つの事件を紐解いていくと、それぞれの事件の容疑者はバラバラで、闇サイトで知り合っただけの人物たちということがわかった。

・それを取りまとめていたのが「X4」という人物で、このX4がコルテシア東京で事件を起こそうとしていることを突き止める。

・ここで捜査は行き詰るが、週末に予定されているとある結婚式に注目が集まる。この結婚式に関する不審な電話がかかってきたため。

・しかし新田はホテルの仕事を続けるように指示され、捜査からは外された。

・そして新田がうっかり口を滑らせたことにより、捜査や事件について知る山岸。ホテルの大事な客を囮にすることはできないと反発するが、新田に説得され、捜査の計画が進められている週末の結婚式が終わるのを待つことに。

・新田はふと、予告されている事件はカモフラージュなのでは?と気付く。能勢にも協力してもらい、真犯人に近付いていく新田。

・式の前日に届けられたワイン、能勢が見つけてきた未解決の殺人事件、その被害者・松岡に関する情報。それらを推理した結果、盲人のふりをしていたホテルの客「片桐瑶子」という人物にたどり着いた。

・しかし、時すでに遅し。片桐瑶子という老婆を演じていた、真犯人であるX4=長倉麻貴によって山岸に危険が迫っていた。長倉のターゲットは山岸だったのだ。

・犯行理由は1年前のホテルでのトラブルの逆恨みとも言えるもの。新田は長倉と山岸の行方を追いかける。

勇気は、一瞬 後悔は、一生 0号室

勇気は、一瞬 後悔は、一生読んだ感想

 

これちょっと特殊な本なのかも知れません。

なんで売れてるのかが「?」なんです。

 

購入しようと思ったきっかけは、ネットで話題になってると聞いてAmazonでレビューを読んだのですが、最近のレビューは軒並み低評価で、『これは酷い』『私には響かなかった こんな本がなぜベストセラーなの?』みいたいな書きこみが多かったのです。

 

賛否を呼ぶ原因がなんなのか?逆にそこが知りたくて読んでみたくなったのですね。

 

恋愛体質(依存?)系の男の人が書いたものなので普通の人が読んだら正直引くかな?

私の感想としては「良い奥様と運よく出逢えて良かったね」くらいかな。

 

ほとんどが奥様のお惚気で、読書したって感じはなしです。

本当に幸せな人だなあ。

 

この本は著者である0号室さんが、自身のツイッターで呟いた数々の恋愛格言「では、僕のステキな恋バナを教えてあげましょう」と書き上げた一冊。

 

まぁ、これだけ反響を呼ぶツイートをする恋愛マスター(?)が、一体今までどんな恋をしてきたのか、気になるのは自然な反応ですよね。

 

奥様との馴れ初めから結婚までの道のり、そして二人の現在が綴られています。

そこには、0号室さんが恋愛を通じて感じたことや、読者に伝えたいことも添えられています。

 

やはり恋をするとみんな同じようなことに悩み苦しみ、同じような想いを抱くからか、共感ポイントは多そうです。

 

どんどこファンが増えていったのもネットならではですね。

 

0号室さんの書く文章が、聞き覚えのある、誰にでもあてはまりやすい言葉を使っているからなんだろうな~、と。

 

特別な言葉のチカラと言うよりは、そういう作用が読者を魅了していると感じました。

また、恋愛初心者の人や恋愛に免疫のない人も0号室さんにハマりそうです。

ハマらない人は読んでいるとガマンもつらくなるかもしれませんけどね…。

 

もしかすると「初心忘れず」のような気分で、恋が始まった頃の甘酸っぱい気持ちを思い出すのにも役立つのではないでしょうか。

恋愛の形も人それぞれ、本の読み方も人それぞれ、ですね。

 

ツイートをずっと追っていた人でも、この本は楽しめます。

ただまとめただけ、という感じはありませんでした。

 

「妻大好き症候群」の0号室さんの話、感動しながら読める人って、そもそも実生活がハッピーなのでしょう。

 

他人のラブラブトークを素直に受け止められる心の余裕はありますか…?

読む人、読むタイミングを選びそうです。

 

『勇気は、一瞬 後悔は、一生』著者:0号室

176ページ

 

本の内容

 

『勇気は、一瞬 後悔は、一生』
「共感する」「勇気が出る」「胸に刺さる」と恋する女性から大反響!!フォロワー数15万人超・女子中高生の間で話題沸騰の「0号室」初の書籍/「やっぱり無理 やっぱり好き その繰り返し」「好きな人が、この世界で一番かっこいい」「一生届かない好きもあるよ」恋する女性の心に優しく寄り添い、そっと背中を押してくれる恋愛ツイートが大人気の0号室(@0__room)による恋愛エッセイ。0号室は「妻大好き症候群」というほど、奥さんのことが好きで好きで仕方がないひとりの男性です。そんな彼と奥さんの出会いから、山あり谷ありの恋人期間、結婚生活までのエピソードを紹介。好きな人をずっと好きでいるために、ずっと好きでいてもらうために大切なことが詰まっています。読めば必ず、「勇気を出して告白してみよう」「自分の気持ちに素直になろう」「もっと恋人に“好き”って伝えよう」と恋に前向きになれる一冊です。(引用:Amazon.com)

 

勇気は、一瞬 後悔は、一生購入前の注意点

 

ビジネスとしては成功したのだと思いますが…。どこかで聞いたフレーズばかり、という感想を持たれても仕方がなさそうです。

 

オリジナリティの無さが、心に響かない理由でしょうか?もしくは、にじみ出る自分よがりな雰囲気か、言葉の薄さか。ハマらないと完読も厳しいかと。

 

 

ぼくは明日、昨日のきみとデートする映画と小説と

ぼくは明日、昨日のきみとデートする映画と小説と

“ぼく明日”は、なぜ2度読みしたくなるのか?

 

この小説は、映画を観てから原作の本を読んでみたくなった作品です。

映画は2016年の冬公開されたので、ちょうど1年前になります。

 

本屋さんではずっと前から積んであるのは知ってました。

“よく売れてる本”という認識でした。

 

それが福士蒼汰&小松菜奈で映画化されると知り、公開されるのをずっと楽しみにしていました。

 

実際に観た感想は、時間軸の説明に違和感は残りますが、そんなところをあーだこーだと言っても仕方ないので置いておきます。

 

純愛だけに儚く、切ない物語です。

二人にとって初恋は叶わなかったけど、お互い自分のやり方で相手を見守り、一生涯愛を貫いた・・そんな一途な姿勢が胸を打ちます。

 

映画館では、高校生らしき男子がグズグズ泣いていました。

お友達と来てるようでしたが、人目もはばからず、あんなに泣けるなんて、よほどハマったんでしょうね・・

 

おばさん、泣けなくなるじゃないですか!

この映画は2度観たうえに、書籍も読んで、そしてDVDもしっかり購入しました~。

 

 

予約特典としてクリアファイルがもらえました。

今でも大事に使っています♪

 

『ぼく明日』は、ヒロインである彼女の秘密を知ったとき、きっと最初から読み返したくなる」のキャッチコピーに偽りはありません。

 

このコピー自体が物語のカラクリを秘めていて、さらに表紙のデザインにも謎かけがあるらしい…!二度・三度読み返す人、続出。

 

一度読んで「?」の感想だけではもったいないですよ。(但し、裏表紙のあらすじはかなりネタバレなようなので要注意)

しかし正直な所、ストーリーや文章のわかりやすさをポジティブにとるかネガティブにとるかによって評価が分かれる作品だと思いました。

 

「テンポよく進んで読みやすい」と感じる部分もあれば、そもそもライトノベル作家ということでその名残を感じることも。

 

SFマニアには物足りないと思うので、雰囲気やセンチメンタルな気分を楽しみたい、ライトな読者層にオススメかもしれません。

 

ややこしい設定さえクリアすれば、読んだ後に自分の日常や周りにいる人たちの大切さがわかる、温かい小説です。

 

時間軸が難しくて、一回読んだだけではなかなかわかりづらかったです。なので、読み返してみると、ポロポロと謎が解けていく感じでさらに楽しめました。やがて暴かれる愛美の秘密が何とも切ないです。

 

『ぼくは明日、昨日のきみとデートする』著者:七月隆文
287ページ

 

本の内容
“京都の美大に通うぼくが一目惚れした女の子。高嶺の花に見えた彼女に意を決して声をかけ、交際にこぎつけた。気配り上手でさびしがりやな彼女には、ぼくが想像もできなかった大きな秘密が隠されていて―。「あなたの未来がわかるって言ったら、どうする?」奇跡の運命で結ばれた二人を描く、甘くせつない恋愛小説。彼女の秘密を知ったとき、きっと最初から読み返したくなる。 ”(引用:Amazon.com)

2度目は愛美の立場で・・切なさ倍増

 

ストーリーは主人公である男子大学生・高寿の視点で進んでいくのですが、ヒロイン・愛美の可愛らしさがとてもよく表現されていました。

映画の中でも小松菜奈さんの表情がとってもいいです。

 

「ちょっと妄想入っている?」という部分も無きにしも非ずでしたが、一目ぼれからの一途な恋はドキドキでした。作品の後半は甘く切ないラブストーリーです。

 

2度目の映画館では、私がもし愛美の立場だったら?という視点でみれました。

正直、高寿よりもっとつらいはずなのに、でも、愛美ちゃんよく耐えたね・・心の中で声かけちゃいました。

 

二人が迎える結末がハッピーかどうかは薄々わかってくるのですが、それでもお互いを想う気持ちが純粋で…。思わず二人の恋愛を応援したくなってきます。

 

そして愛美が可愛いだけじゃなくて、強く、自らの運命に立ち向かう姿にも心を打たれました。

 

恋人がいる人が読むと、何倍も感情移入できるんじゃないですかね?「もし自分が愛美の立場だったら」もしくは「それを受け止める高寿の立場だったら」

 

もし恋人がいなかったとしても、家族や友人といった身近な人達が思い浮かんでくると思います。

 

文章はとにかく読みやすいです。

 

作者が元々ライトノベル作家だから、文章がライトなのでしょう。ライトに書かれ過ぎていて少々わかりにくい情景もありますが、そのおかげでよりキャラクターの感情に近づいて読み進めることができました。

ぼくは明日昨日の君とデートする映画版

 

ぼく明日を読む前に注意したいこと

 

恋愛小説とライトノベルが苦手な人、それからSFに詳しい人です。
パラレルワールドの仕組みについて理解しよう、辻褄が合わないところを深く追求しようとすると、物語に感情移入できなくなるので要注意。素直に二人のピュアで切ないラブストーリーを堪能してもらいたい。

 

ぼく明日のネタバレ

 

・愛美は時間の流れが真逆の世界からやって来た。
・愛美は昨日のことを覚えていない
・高寿と出会った日は、愛美にとってはお別れの日になる
・二人が一緒に過ごせる時間は40日しかない
・真実を知った高寿は苦悩し、愛美にその辛さをブツけるが
今日あったことは明日になれば全ての記憶を失くしてしまう悲しい運命を背負った愛美の立場を思い、高寿なりの愛を貫こうとする
・尚、時間軸(ループ)の説明、理解については深く触れていないので、ツッコミ入れたくなる。

[商品価格に関しましては、リンクが作成された時点と現時点で情報が変更されている場合がございます。]

ぼくは明日、昨日のきみとデートする 豪華版 [ 福士蒼汰 ]
価格:4665円(税込、送料無料) (2017/7/29時点)

 

『ツバキ文具店』手紙書きたくなりますね

  • 投稿 2017/11/13
  • 小説
『ツバキ文具店』手紙書きたくなりますね

『ツバキ文具店』感想

 

最近よく見る鎌倉モノです。

NHKでドラマ化もされていて、鳩子役は多部未華子さんでした。

 

本より先にドラマを見ていて、静かだけど、なんかいいなあ、このドラマ・・と思ったら『食堂カタツムリ』の小川糸さんじゃないですか?!

 

ああ、私はこういう類のものが好きなんだなと気づかされました。

 

舞台が鎌倉と聞くだけで、静かで穏やかな雰囲気の作品かなとイメージできますよね。

 

この作品もロケーションの素晴らしさがあちこちに散りばめられています。

ガイドブックの詳しさというよりも、鎌倉という街のふんわり感・おっとり感がキーなのでしょう。

 

そして、話の軸となる主人公・鳩子の職業「代書屋」が何ともドラマチックです。

 

手紙を出すのが代書とは、文字だけではなく、何らかの理由で手紙を書けない人の代わりに手紙を書くこと。

 

その依頼を通して、人と人とのつながり、そして鳩子自身の成長が描かれる物語となっています。

 

手紙も、伝えることも、どちらも誰かとのつながりそのものであり、作者のメッセージをそこから受け取りました。

 

手紙繋がりでは「ナミヤ雑貨店の奇蹟」と通じるところがもあるかなと思いました。

 

読んだ後の心に残るあたたかさが、大切なことを思い出させてくれる一冊です。

ゆったりと自分のペースで読み進めてみて下さい。

 

作者の小川糸さんについては「少なく贅沢に」をモットーにされていて、ご自身のライフスタイル本も出版されていますよね。

 

とても興味があります。

 

『食堂カタツムリ』は映画で観ました。

あれは手紙ではなく、食堂(食事)を介して人と人が繋がる物語。だったかな?

柴咲コウさん演じる倫子の手料理がどれもおいしそうでした。

 

『ツバキ文具店』著者:小川糸 269ページ

 

本の内容 あらすじ

 

“言いたかった ありがとう。言えなかった ごめんなさい。
伝えられなかった大切な人ヘの想い。あなたに代わって、お届けします。
家族、親友、恋人⋯⋯。
大切に想ってっているからこそ、伝わらない、伝えられなかった想いがある。
鎌倉の山のふもとにある、
小さな古い文房具屋さん「ツバキ文具店」。
店先では、主人の鳩子が、手紙の代書を請け負います。
和食屋のお品書きから、祝儀袋の名前書き、
離婚の報告、絶縁状、借金のお断りの手紙まで。
文字に関すること、なんでも承り〼。
ベストセラー『食堂かたつむり』の著者が描く、鎌倉を舞台した心温まる物語。 ”
(引用:Amazon.com)⇒さらにレビューを見る?

 

癒されます。この作品は「手紙」を中心に話が広がっていきますが、改めて、手紙がこんなにもあたたかいものなのだと、誰もが気づかされるのではないでしょうか。

 

スマホは便利ですけど、手紙もいいもんですよ。

 

気持ちを込めた手紙は、人を包み込んでくれます。手紙に込めた想いは、人を癒してくれます。その優しさが心に響きました。

 

主人公の鳩子も「代書屋」という仕事を通して、人とふれ合い、成長していきます。代書を頼む人達も、誰かとのつながりを求めている人達です。

 

物語の展開と共に、手紙が人の輪を広げていきます。それがとても心地よかったです。鳩子が代書の仕事をするうちに心を開いていく様子も、手紙という存在があるからか自然でした。

 

鳩子は本当に真摯に代書に向き合うのですが、その取り組み方がすごいです。この本で代書というマイナーな職業を知ることができました。

 

まず鳩子は依頼された手紙に心を込めるために、文房具にこだわります。依頼ごとに文房具は変える徹底ぶり。それからその人になりきり、代書をしたためる訳です。タイトルにもあるように、このこだわりの文房具も作品のキーですね。文房具の蘊蓄も楽しめました。

 

鳩子も依頼する人々も、過去や自分と向き合います。静かなストーリーですが、その姿にジンとします。作品の温かさが伝わってきて、自分も何だか手紙を書きたくなりました。

 

 

 

物語のキモ・ネタバレ

 

・主人公・鳩子は代書屋を営む祖母に反発して鎌倉を飛び出した。その祖母の葬式をきっかけに8年ぶりに鎌倉へ戻ってくる。

・初めは乗り気ではなかったが、周りの人に懇願され、ツバキ文具店を継ぐことに。そして引き継いだ代書屋の仕事を通して、いろいろな人と出会い、次第に自分とも向き合い始める。

・ラストは鳩子から天国の祖母へ向けて書いた手紙。